お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ

仕組み

​良い家の条件は➀夏は通気性が良い②冬は断熱性がいい③年間通じて透湿性が良い  

この3つの条件をクリアできていなければ、そもそも良い家とは言えません。    

​WB工法では、先人の知恵を生かす「土壁の原理」や、日本の四季を肌で感じる「気温に反応する形状記憶合金」と使用。その仕組みについてご説明いたします。

なんで暑くないの?

通気口から入った空気は床下の冷たい空気と混ざり合って、壁の中を通ることによって、家を冷まします。

だから少しのエアコンで快適です。

湿気やにおいが通り抜けるの?

湿気を吸収したり放出する壁の素材は土壁と同じ仕組みです。湿気に溶けやすいにおいや化学物質も一緒に壁の外に通り抜けます。

だからシックハウス症候群などに悩まなくてもいい。

あったかくなると開く通気口って?

通気口には気温の変化で伸縮する形状記憶合金を使っているので電気を使わなくても自動的に通気口を開閉して調節してくれる。

だからメンテナンスもいらなくていつも快適。

なんで寒くないの?

寒くなると全ての通気口が閉まって、冷たい空気を遮断します。壁の中の貯まった空気が断熱効果を発揮して、熱を逃がしません。だから少しの暖房であったかい。

湿気やにおいや化学物質はどこにいくの?

土壁と同じ仕組みの湿気を吸収したり放出する素材です。壁を通り抜けた湿気は柱などの木材が吸い込んで湿度を調節してくれる。
だからお鍋を食べても、においや結露はほとんどないです。

24時間換気って義務じゃないの?

電気を使う換気用の機械は設置義務はありますが、使用しなくとも、1年中、部屋のホルムアルデヒドが基準値を下回る工法として国土交通省の認定を受けています!
自然の仕組みをうまく活かして、無理なく暮らせます。

壁の中の通気性 

~エアコンをそれほど使わなくても夏過ごしやすい家~

壁の中を空気が流れるから、無駄な湿気も夏の熱気も家にこもりません。 
湿気で木材が劣化しないから、家はいつまでも丈夫です。

通気口から入った空気は、床下のひんやりした空気と混ざって壁の中を上昇します。
自然な空気の流れが、焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。
壁の中を空気が流れることで、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

気温に反応する形状記憶合金

暑くなったら服を脱ぎ、寒くなったら服を着こむ。
人はそうやって季節に応じた服装をしています。 
家も同じように、季節に合わせて衣替えすることができるのです。

WB HOUSEは、各通気口に、気温の変化で伸縮する形状記憶合金を利用しています。
気温に応じて通気口が自動的に開閉する発想により、家も人と同じように衣替えができるのです。

気密性と断熱性

形状記憶合金で通気口から冷気を遮断し、冬の冷え込みを抑えます。
壁の中に空気の層ができて、家の中の気密性を断熱性がアップします。

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。
壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなり断熱性がアップします。
熱の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

湿気を通す壁

土壁の原理を応用し、臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を通過。
換気システムに頼らなくても、深呼吸したくなる結露しない家が実現します。

室内の有害な化学物質や生活臭は、湿気とともに透湿性の壁を透過して、屋外へ排出されます。

機械による室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます(厚生労働省指標値0.08ppm)。

余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。室内は常にクリーンな空気で保たれます。