フォレストの取り組み

フォレスト株式会社は

事業を通じでSDGsに取り組み

持続可能な世界を実現するため

貢献していきます。

SDGsとは…

正式名称:持続可能な開発目標

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

​フォレスト株式会社では、SDGsを積極的に広めるため、多くの取り組みを行っています。

フォレスト株式会社では

新卒採用に力を入れております。

また、子どもの教育が促進できるような家の設計・デザインをすることにより、世の中に質の高い共育を拡げております。

​住宅は人格が形成される場所なので一番気を遣っている部分です。

すべての人に健康と福祉をという観点では、健康的な生活を確保するために、ZEH普及に取り組んでおります。ZEHビルダーも登録しております。また、WBHOUSEの普及を推進することで、全ての人が化学物質に恐れることなく安心して生活が家づくりを行います。

フォレストの住宅は自然に調和した材木や漆喰。地に還すことのできる素材で​できるだけ地球に負担をかけません。また、建物寿命の長寿化に貢献しております。3世代住み続けられる家だからこそ、作る方も真剣、住む方はいつまでも大切にできる家になっています。

​フォレストでは、女性が働きやすい環境づくりを目指しています。従業員の8割は女性。また女性の現場監督や女性管理職の育成も積極的に行っております。ジェンダー平等であるために、年齢や性別によらない働き方や考えを日々共有しております。

​フォレストが建てる家はBELS表示を全棟行い全ての家の燃費を明らかにしています。太陽光発電も積極的に取り組むことで、地球に優しいゼロエネルギー住宅(ZEH基準)の住宅にしています。そうすることで、地球温暖化への対策へ貢献しております。

​フォレストが建てる住宅はZEH基準はあたりまえ。自然のエネルギーを最大限有効活用し、地球温暖化防止にも貢献しております。住宅の外皮性能もグレードアップしたことで家全体の性能を向上させました。また、社用車はエコカーへの切り替えが完了しています。

​働く人にとっても素晴らしい環境を目指し、モチベーションの上がる効率的な仕事環境は勿論、物心ともに幸せを手にして頂くよう、働き方改革の推進を行います。新卒採用も積極的に行いながら、日本の経済を支える若者と協力して社会を作っていきます。

​フォレストの建てる家のコンセプトは『家族を守り、3世代住み継げる家』です。耐震等級3の長期優良住宅レベルをお家は勿論、安全に住み続けられるWB工法を採用していますので、住み続けられる街の形を、住宅1つ1つがつくっていきます。

スタッフの教育及び能力開発は勿論、技術が高まるよう社内外の研修を積極的に活用しています。建築に携わる協力業者とも会合を定期的に開催し、勉強できる場を沢山作っています。また、地域の皆様に必要とされる組織となり、目標達成に貢献をしていきます。

お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ