お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ

なぜフォレストは注文住宅を建てるのか。

こんにちは!フォレスト不動産橋本です。この『フォレスト注文住宅専門HP』をはじめて実は約1年。まだ1年しかたっていなかったんだと思います。この1年でフォレストの手掛ける注文住宅は更にパワーアップしており、優しさと強さを兼ね揃えて多くの皆様に愛されています。コンセプトも変わり、益々地域に根差した建築をしていけることを、今からワクワクしております(*^▽^*)


さて、話を戻しますが、1年をもうすぐ迎えるということで、なぜフォレストがこの注文住宅を建てているのか、どんな想いで建築に携わっているのか、代表の想いをご紹介いたします。(前年インタビュー)


ゼロからのスタート

フォレストの前身、阿黒建築はとても起業とも言えない、まさにゼロからのスタートでした。その経験のおかげ様で、仕事がない苦しさ、情けなさを痛感し、仕事があることだけでも有難き幸せだと感じながら、毎日毎日現場をひたすら丁寧に丁寧にこなしていく日々を送ること数年。丁寧な仕事ぶりに目を留める方々が出てきて、仕事が少しずつ舞い込むようになってきました。






建築業界への違和感

口コミで徐々に噂は拡がり大きな会社から修繕工事を受注し続け阿黒建築は少しずつ拡大していきました。ある日のこと、無事工事を終了し、現場の最終チェックに伺った際、お客様から「あぐろさんほんとうに有難う」と涙を流し心からのお礼の言葉を聞いた時、私の中で何かが崩れ落ちました。その工事は、お風呂の修繕でした。解体したら案の定、土台、柱は目線の辺りまで腐り白蟻被害も酷く、それは無残な状況でした。


可能な限りの施工はさせていただいたのですが、そもそも腐らん家造りをしていれば、このような救いようのない末期の家にはならなかったのではないか?という違和感が湧き出てきて、なんで?なんで?と考えるうち、家が腐り省エネ性も低く、住む人が大きな不利益を被っている現状に気づいてしまうのです。一体、何のために仕事をしているのか全く分からなってしまいました。腐ることなく室内の空気環境をも整える家を作れないものかと自分で研究し書物を読み漁り、色んな工法を学んだりしましたが、どれも中途半端で自信を持ってお客様に提供できるまでは至りません。






​何のために建築に携わるのか

遂に、何のために生きているのかさえ分からなくなりました。2年ほどの間は、ひたすら「何のために?」という自問自答を繰り返し、悩み苦しみ出た答えが現在の理念である「幸せを創造し続ける」という念いだったのです。当時は、大きな会社から仕事を頂く完全下請(BtoB)なので、理念の実現などできるはずもなく地域に住む方々に直接関わり、幸せを創造していきたい(BtoC)への業態変化を目指し突然BtoBの立場を捨ててしまいます。(これも無知が故の勢いだけの行動・・・若気の至り、無知は罪)

また、衣食住の食だったら理念実現可能なのではと、一度は飲食のお店も出店したりもしました。勢いと想いだけで突っ走る中、WB工法に出逢い、お客様の幸せを創造し続けることのできる家を提供できるのではと胸を踊らしウッドビルドと業務提携したことを昨日のことのように思い出します。



今もなお、腐る住宅が建ち続け、

多くの方々は不利益を被っていることにすら気付いていません。



(一部省略)

「もっともっとお客様と一緒にお祝いしたい!多くのお客様の幸せを創造したい!」こんな想いを実現するためには欠かせない存在になるはずです。

私は、フォレスト不動産にご縁を頂いた従業員のみなさんには、相手の幸せを創造しつづけることを一番に考え行動し、光輝く人間になって周囲の人や、地域、国をも明るく照らすリーダーになってほしいと願っていますし、私自身も共にそうなりたいと考えています。

相手に十分与え、まずは、相手を幸せにできる人の中に不幸な人は存在しないのです。(Y理論)フォレストのスタッフ一同が自分である事を誇れ、友人に誇れ、子どもに誇れ、子どもが誇り、将来、子ども達が働きたいと思う、地域が誇る会社を目指します。




皆さんはどんな想いで住宅をお考えですか?フォレストでは、お客様の健康や安心をしっかり叶えながら、デザイン性も性能も高い注文住宅を提供しております。もしも家族のために住宅をしっかり考えたい。そんな方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。必ず良いお役立ちができます。


ご連絡は0120-692-270まで。皆様のご連絡心よりお待ちしております。


〇リンク先〇

姫路市でマイホーム購入するなら!

姫路市で不動産売却不動産査定するなら!

家族を守り、3世代住み継げる家



文責:橋本