今の時期だからできる室内環境の作り方

おはようございます!フォレスト(株)橋本です。


2020年のオリンピックが1年延期になってから、

コロナの患者数が一気に

公表されるようになりましたね…


皆様は体調大丈夫でしょうか?

住宅の中にいることが多くなると思いますので、

是非室内環境も整えて頂ければと思います。


掃除は掃除機よりもフローリングワイパー

お家の中にいることが多いと、どうしても掃除をしないといけなくもなりますよね…皆さん窓を開けて掃除していますか?今の時期花粉やPM2.5などもありますので、症状が出やすい皆様は極力開けたくないですよね><でも掃除機も掛けるし…空気の入れ替えがしたいところです。そういったときは、掃除機という用途をフローリングワイパーに替えてみましょう。そうすることでホコリが舞うことなく静かに綺麗になってくれます。また、小さなお子様がいるご家庭は特に気を付けたいところです。


子どもは大人の6倍息を吸うを言われています。しかも床に一番近いところで。大人の目線にはないけれど、子どもの目線にはある脅威があります。それは見えているものよりも、見えないものの方が多いかもしれません。このホコリ問題は、ダニやカビともくっついてきますので、是非気を付けて頂ければと思います(*^▽^*)



温度と湿度の調整

温度に関しては体感温度によって冷暖房を使いますが、湿度はどこまでがいいとか、日常の生活で考えますか?『あ、乾燥してきたな。』と思ったら加湿器をたいているご家庭は多いかもしれませんね(*^▽^*)健康 乾燥肌・喉・ドライアイ・肌に良い湿度は、60~65%といわれています。湿度50%を下回ると、お肌がじわじわと乾燥しはじめます。

人が快適に寝ることができる室内の湿度は夏、冬ともに50%~60%くらいまでが最適といわれています。


また、カビが発育する条件を、皆様が作り出している可能性があります。カビが発育するには➀有機物 が存在し、②20度から30度の室温があり、③70パーセント以上の湿度と④淀んだ空気です。皆様のお家は大丈夫ですか?ダニは、種類にもよりますが温度25度付近、湿度75パーセント前後で活発に活動します。ダニの死骸やフンはダニよりももっと小さくなるのでホコリとくっついて『ハウスダスト』として蔓延します。室内環境を整えておかないと、今まで大丈夫だった花粉症やアレルギー性鼻炎を引き起こすともいわれているので、温度と湿度の調整も是非気をつけて頂ければ幸いです♪





だからこそ、私たちはWBHOSEを建て続けています。WBHOUSEは『深呼吸したくなる家』とも呼ばれており、室内の空気環境をとことん追求しました。その結果、アトピーや喘息の症状が和らいだり、ダニやカビとは無縁の室内環境をつくることができました。それに、何がすごいかというと、住宅自体が毎日、お金をかけず動いてくれているということ。

こればっかりは、体感して頂くことが一番ですね(*^▽^*)是非皆様にも体感して頂きたいと思います。皆様のご来場予約、心よりお待ちしております♪






〇リンク先〇

姫路市の不動産売却不動産査定

姫路市の不動産マイホーム購入

家族を守り、3世代住み継げる家


文責:橋本

お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ