お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ

住宅ローンは固定金利?変動金利?

こんばんは!

フォレスト株式会社橋本です。さて、今日は金利の種類についてご説明したいと思います。皆さんは固定金利と変動金利について知っていますか?どちらも住宅ローンを借り入れる際に係る利息のことですが、金利は住宅ローンを貸してくれる銀行に対して支払う「ありがとう料」だと思ってください。一般的な個人情報がクリアしたら最長で35年何千万単位でお金を貸してくれます。それだけのリスクを銀行がもっていると考えた時、利息は「信頼してかしてくれてありがとう料」だと私は思っています(*^▽^*)ではどう違ってくるのかについて今日はご説明していきたいと思います!


固定金利は計画的・安心

フォレスト株式会社のお客様はほぼ固定金利を選択されています。それぐらい固定金利については肯定的(*^▽^*)中立な立場としてお伝えしますと、一番の特徴は『35年間ずっと金利が変わらない』ということです。日本政策支援機構でもおなじみのフラット35がありますが、そちらも35年間ずっと変わりません。ですから月々の返済額が分かるのでライフプランが立てやすく上がるリスクもないので安心して活用することが出来ます。現在も超低金利の時代。固定金利も1%~1.5%で借入することができます。


変動金利は月々の返済が少ない

一方変動金利では、1%を切っています。中には0.75%なんかもありますね…変動金利の大きな特徴は、半年毎に金利が見直されるという点です。金利が下がれば返済額は減り、金利が上がれば返済額が増えるという仕組みです。見直し後の返済額は、直前の返済額の1.25倍までしか上がらないので急激に増えることはありません。今後金利が上昇しなければ、ずっと低金利のまま住宅ローンを借りることができ、もしそのまま35年間借りることができれば、固定金利と比べて数百万円の差が生まれることもあります。


10年固定金利とは?

銀行の商品でたまに固定期間金利も用意されています。10年間は固定金利でその後変動金利に移行するといった金利のことですが、10年後どんな金利の状況でもその変更はできないところもあり、変動金利といってもいいかもしれませんね…


大切なのは借りる期間


気を付けて頂きたいことは、『時代は変化する』ということです。先程も述べましたが超低金利の時代。住宅ローン利用者の6割が変動金利を選択します。しかし35年ずっと超低金利が続く保証はどこにもありません。じわじわ生活を圧迫するリスクがある変動金利を選ぶなら、住宅ローンの借入を10年に抑えましょう。それぐらいリスクがあると思っておいた方が良いです。そうなると返済額は単純に3倍。自己資金もなく35年最長で借りたいというお客様であれば、固定金利をお勧めいたします。私たちは35年間お客様が安心して住宅ローンを返済できるとお約束はできません。しかし、ライフプランを行ったうえで固定金利を選ぶのであればおおよその予測は可能です。そのためフォレスト株式会社では、固定金利をお客様にご提案しています。




どちらが良い悪いではなく、自分達のライフプランと返済方法をしっかり照らし合わせて、正しい選択をしていくのが一番。その為にもやっぱり事前審査とライフプランは欠かせません。フォレスト株式会社ではどちらもサポートし、お客様に合った住宅ローンの借り方をご提案しますので是非一度ご相談くださいね~^^♪


〇リンク先〇

姫路市の不動産売却

姫路市の不動産購入

家族を守り、3世代住み継げる家

文責:橋本