お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ

住宅購入、増税の恩恵を受けます。

最終更新: 2019年9月28日

こんばんは!フォレスト株式会社橋本です。

もうすぐ10月!ということは、ついに消費税率10%に引き上げが始まりますね(*^▽^*)私も一消費者ですので節約しないとなぁと思いながら、なにから始めるのかあまり考えていないのが現状です。不動産購入・住宅購入に関しても、この増税にかかわってくることも多いですが、増税の恩恵を受けることがあります!今日はそのお話をしていきます♪



そもそも家計は節約思考に。

皆さん、住宅を購入する前に一消費者として、節約思考になりますよね。私もそう思います。。。

NPO法人日本FP協会(東京都港区)でのアンケートでは、全国の20~60代の男女を対象に実施した意識調査の結果を発表しています。(有効回答数1200件)


増税後の家計について『非常に苦しくなると思う』『どちらかと言えば苦しくなると思う』約77%が苦しくなると考えていることが分かったそうです。(日本FP協会調べ)増税前の駆け込み購入・買いだめも女性の半数が『しようと思う』と回答。日常生活に使う消耗品や、長期保存可能な食品について、多くの方が買いだめをする傾向がありました。



住宅ローン減税に期待大!

住宅購入も実は消費税増税にあたり、恩恵を受けます(*^▽^*)※ちなみに、住宅購入の中でも中古住宅で非課税のものがあります。その場合は消費税が関係ありませんので、気になる中古戸建があればお問い合わせください。


NPO日本FP協会では、消費税増税時に行われる『住宅ローン減税の3年延長』について、20代の30%が期待を示していることが分かりました。年齢が若い程、この住宅ローン減税に期待しているということがわかる結果です。ただ、この住宅ローン減税最大13年間という認知は、17.8%とかなり低かったことが分かりました。



住宅ローン減税の延長3年とは?

そもそも、住宅ローン減税とは、 住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。


毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。消費税率10%が適用される住宅の取得をして、令和元年10月1日から令和2年12月31日までの間に入居した場合には、控除期間が3年間延長されます。 これが住宅ローン減税の延長3年について。

詳しくは下図をご参照ください(*^▽^*)(国土交通省データ参照)



※1 11年目~13年目は、以下の①②のうちいずれか少ない方の金額が3年間に渡り所得税の額等から控除される。

①住宅ローン残高又は住宅の取得対価(上限4,000万円※4-2)のうちいずれか少ない方の金額の1%②建物の取得価格(上限4,000万円※4-2)の2%÷3

※2 平成26年4月以降でも経過措置により5%の消費税率が適用される場合や消費税が非課税とされている中古住宅の個人間売買などは平成26年3月までの措置を適用。

※3 消費税率10%が適用される住宅の取得をした場合。

※4 新築・未使用の長期優良住宅、低炭素住宅の場合はそれぞれ3,000万円(※4-1)、5,000万円(※4-2)。



その他、住宅購入をすることにより増税の恩恵を受ける可能性がまだあります。住宅購入、注文住宅や新築の建売住宅など種類がありますが、節約を意識する増税の今、実は住宅購入はメリットもあるということを知って頂ければ幸いです!!


勿論、増税関係なく、住宅購入をする場合はまずお金のことから始めましょう。

住宅購入で一番最初にすべきことについては、こちらから!



姫路市でマイホーム不動産購入!

姫路市で不動産売却不動産査定!


文責:橋本