冬の家=結露は当たり前なのか?

こんにちは!フォレスト株式会社橋本です(*^▽^*)一段と寒さがましてきましたが、皆さん体調は崩されていませんか?



冬=結露はあたりまえ?

皆さん冬の季節、窓にはたくさんの結露が見られませんか?実は私も、結露するということが当たり前だと思っていました。今では100均ショップに結露した水をとる機械も置いてあるぐらい、日常の当たり前になっていますね。ただ、それって当たり前ではないんです。どれだけ高気密高断熱のあったかい家と謳っているところでも、サッシがアルミでは結露が起こります。アルミは熱伝導率が良いので、外気の温度の影響を大変受けやすい。また、10~20年前では1枚ガラスが主流でしたので、さらに影響を受けやすいものでした。





それが5~6年前になると、ペアガラスが主流になりました。ガラスとガラスの間に空気層ができ、その厚みにより外気の空気の影響を受けにくくしたのですが、そのときもまだアルミサッシなので、結局アルミサッシから外気の影響を受け冷たくなり、結露が起きてしまう…そんな状況でした。ちなみに今もペアガラス+アルミサッシを使っているハウスメーカーや工務店さんがいますので少し気を付けて下さいね!


湿度が高いと結露する!

もう1つ結露する原因があるのですが、それが湿度の問題です。結露が発生する原理は、空気中の最大水蒸気量(理科でしましたね。)が関係しています。空気中に含まれる最大水蒸気量は温度が高いほど多くなり温度が低いほど少なくなります。また、温度が下がり湿度が100%を超えると、空気中の水蒸気は水滴になります。




冬は加湿をよく行いますよね。加湿は最大でも50%ぐらいにしておかないと、結露する可能性がどんどんあがります。特に高気密高断熱住宅では湿気が多すぎても逃げる場所がありません。ビニールクロスで覆われてしまっていると、過剰な湿気によりカビや臭いを発生させる恐れもあります。


WBHOUSEではどうなるの?

フォレスト株式会社が建てる注文住宅、WBHOUSEでは、結露はどうなるのか?9分でわかる結露しない家の特徴を代表の阿黒が話しております♪ぜひ皆さんご視聴下さいね(*^▽^*)







〇リンク先〇

家族を守り、3世代住み継げる家forest-style

姫路市のマイホーム不動産購入!

姫路市の不動産売却不動産査定!


文責:橋本


お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ