危険!その家、ダニとカビの温床かも…

こんにちは!フォレスト株式会社橋本です(*^▽^*)最近、不動産売却HPの方ばかりブログ更新しておりますのでどうしてもこちらが手薄に…週1回は必ず更新していきたいと思います(*^▽^*)♪



本日は、家のダニとカビの原因についてお話したいと思います。今から住宅を購入される方は必見。新築は良くても、何十年かすると、あなたの家もダニとカビの温床になるかもしれません。フォレストの建てる、『家族を守り、3世代住み継げる家』は、ダニやカビをそもそも発生させない家づくりです。そのメカニズムを合わせてご紹介していきたいと思います!




ダニとカビが発生する理由は家にある

さあ皆様この現実を受け止めてください。ダニやカビが発生する最大の理由は、皆様の住む家に原因があります。ダニとカビは、自分達が過ごしやすい環境を選んでやってきます。わかりやすく図にしたものがコチラ!(名古屋でWBHOUSEを愛する建築家様から)




カビゾーンとダニゾーンというものがありますね。これは湿度と温度の関係です。この中で、快適ゾーンである湿度50%と温度18~26度を保てば、人間が一番快適であり、カビやダニは自然と減っていくという仕組みがあります。毎日温度と湿度を気を付けていけばよいのですが、中々難しいのが現状…冬はウイルスも流行りますよね。その要因としては、家の中が極端に乾燥することによって蔓延すること。空気清浄機や加湿器ももちろんなのですが、実際にダニやカビにお悩みのお客様は多くいらっしゃいます。この湿度と温度をしっかり気を付けることに加え、家の状態というのも重要視して頂きたいと思います。






中学生や小学生の時にカッパを着ていた方は是非思い出していただきたいのですが、雨の日…蒸れましたよね?カビははえませんでしたか?臭いはどうですか?私も小中高と雨の日はカッパを着て自転車登校でしたが、あんまり良い思い出はありません。それが、今の多くの家の構造です。現代の日本の家は、8割がビニールクロスを貼って断熱をとっています。要は、カッパみたいなダウンジャケットみたいなものを家が丸被りしているような状態です。そんななか、人は呼吸をし、汗を出しています。湿度や温度も気を付けるのですが、しっかりと換気をしないと、今の家は住めません。(それがいわゆる24時間換気)フォレストではそれを人工呼吸器と呼んでいます。その家の平均寿命はなんと26年…これは建設白書にも謳われています。


家族の健康を守る家づくり

フォレスト株式会社の建てる家は、WB工法しか採用しておりません。コンセプトは、『家族を守り、3世代住み継げる家』です。文字の通り、3世代までしっかり家がもつように、カッパを着ない家づくりで、高気密高断熱を実現しております。カッパを着ない家づくり。なぜそれが家族を守り、3世代住み継げる家になるのか?気になる方は是非、フォレスト株式会社が建築致しました、『宿泊体験型モデルハウス』に一度ご来場ください。もちろんご説明しますが、大事なのはWB工法を肌で、五感で感じて頂く事。そのためのモデルハウス。ご予約はこちらから♪皆様のご来場・ご予約を心よりお待ちしております。



家族を守り、3世代住み継げる家

姫路市で不動産売却不動産査定!

フォレストチャンネル更新中♪

橋本

お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ