姫路市の健康注文住宅-住宅業界の柵-

こんにちは!フォレスト株式会社橋本聖子です。もうすぐ5月ですね!新芽が沢山誕生して、緑と青が綺麗に映える季節になりました(*^▽^*)この季節も大好きですが、皆様GWのご予定は決まりましたでしょうか??


さて!姫路市で建築家と建てる健康注文住宅はフォレスト株式会社へ!ということで、以前から健康注文住宅WBHOUSEの特例認定までの歴史をお伝えしてきました。健康を保つためには24時間換気が必須。その当たり前を根底から覆した健康注文住宅WBHOUSE。皆様にいくらか健康とは?WBHOUSEとは?が伝わっていれば幸いです。


そもそも論の柵?

歴史の中でもでてきた『評価機関』。WBHOUSEが健康注文住宅であることを認可して頂くには、ここをクリアしないと進めませんでしたがそもそも何でしょう?評価機関とは、施主の利益保護と称して任意で住宅の優劣を表示する制度(2000年制定:品確法)が作られ、その評価と認定の権限を大臣が民間に委託した財団法人日本建築センターなどが指定評価機関だそう・・・。そしてその資金提供が、大手ハウスメーカーだそう。


お判りいただけますか?大臣がハウスメーカーに委託した民間評価機関と略しても、解釈上問題ないぐらいシンプルなお話です。なぜ3年4カ月もかけて認可が遅れたのか。答えは明白ですね。


ハウスメーカー提供!

なぜこれほどまでに健康注文住宅WBHOUSEの認可が遅れたか。それは、特別評価20条の7の認定は、 合板・ビニール張りの構造住宅からシックハウスが発症したことを認めることになるためです。因みに今も普通にそんな住宅が建ち続けています。換気をすれば別にシックハウス症候群や化学物質過敏症にはならないでしょうか?その説明をお客様にしっかりした営業マンはどのくらいいるのでしょうか?




WBHOUSEの魅力

工務店をしていた人たちだからこそ、このシックハウス症候群や化学物質過敏症問題に真正面から取り組み、完成させた形がWBHOUSEであり通気断熱WB工法です。24時間換気の義務化で行ってもらわなくても健康に住める家を造っただけです。ただそれだけなのですが、それが多くのお客様の健康と安全を守ってきたことが事実であり真実だと思います。まだまだ認知度は低いのですが、実際に今もシックハウス症候群や化学物質過敏症で苦しむ方がいらっしゃいます。その現状を見ずして、健康注文住宅は語れません。





要は、注文住宅を建てる上で、本来守るべきお客様の健康を損わず安心して住んでいただきたい。それもシックハウス症候群や化学物質過敏症になるとわかっているビニールクロスを使って24時間換気を義務化するのではなく、家そのものが健康に保てるよう呼吸をしてくれる、そしてそのコストがかからない。それが健康注文住宅WBHOUSEです。


姫路市飾西にてWBHOUSEの宿泊体験型モデルハウスをご用意しております。どちらかというとシックハウス症候群や化学物質過敏症に悩まされている方、アレルギー体質の方に体感して頂きたい。実際に、数値化したデータもありますので、じっくりお話できると思います(*^▽^*)



~GO!GO!~

姫路市で建築家と建てる健康注文住宅はフォレスト株式会社へ  姫路市西部で不動産マイホーム購入するならフォレスト不動産へ!


文責:橋本








お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ