姫路市の健康注文住宅-化学物質とは-

こんにちは!フォレスト株式会社橋本です。4月ももうすぐ半ば。新社会人の皆様が新しいスーツを着て出社されていますね(^◇^)注文住宅ではお好きな家具や希望の間取りが叶うよう設計致します。新しいスーツ、家具など、目には見えませんが化学物質を出しています。


化学物質の正体とは?

このブログでは健康を考えた注文住宅についてお話しています。フォレスト株式会社ではWBHOUSEの建築しかしません。それを『forest-style』と呼んで、3つの優しいに特化した注文住宅として皆様に提供しています。フォレストで建てる注文住宅では、化学物質のこもらない家づくりができます。そもそも化学物質とは何ぞや?という話ですが、化学物質とは、住宅や家具などを施工する際材料に入っている物質のことです。自然素材ではなく、化学的に作られた素材と覚えたらわかりやすいでしょうか?



有名なのは『ホルムアルデヒド』ではないでしょうか?合板や合成樹脂、接着剤に使用されるもので、そのほか沢山の化学物質があります。私たちは化学物質の海で生きていると言えます。


国は最低限の規制しかない

日本でも、厚生労働省が化学物質の室内濃度指針値を定めており、測定は13種類、規制は2種類のみです。健康に住む最低限度の濃度を表しています。これを多くのハウスメーカーや工務店では、大々的に『健康に住める!』と謳っております。しかし、実際住宅環境にある化学物質は約900種類があると言われており、家具や芳香剤、プラスチックにも大量の化学物質が使われております。


化学物資と湿度の関係

健康に住宅に住むには化学物質の多くは、水に溶けやすい水溶性であり、湿度と相性が良く吸収されやすいです。怖いのが、室内の温度と湿度が上がるほど、放出される化学物質の量も増加する傾向にあります。一番怖いのが、新築です。住宅に大量の化学物質が使われた住宅であればなおさら、大量に出てきています。


化学物質が室内に増えると

では、化学物質が室内に充満するとどのようなことが起こるでしょう?私たちの花粉症が起こる仕組みと同じように、化学物質を溜めるバスタブが個々にあると思ってください。毎日呼吸や皮膚呼吸で吸い込んだ化学物質は、自分のバスタブに蓄積されます。そしてある時発症します。それは、バスタブがいっぱいになりあふれ出た時。溢れたらもう元には戻りません。お湯を戻すことはできないのと同じように、症状をとめることは難しいです。


健康な注文住宅にするには

化学物質と湿度を一緒に移住空間から排除することが必要です。化学物質の中で住んでいる私たちにとって、化学物質をすべて取り除くことはできないからです。それができて健康に住める注文住宅を建てられるのがフォレスト株式会社の『forest-style』です。WBHOUSEの工法しか建てないですが、WBHOUSEの圧倒的な価値が、この化学物質と湿度を逃がす工法だという点です。


姫路市飾西にて、弊社の宿泊体験型モデルハウスがございますので、WBHOUSEをぜひご体感くださいませ♪




姫路市で健康な注文住宅を建てるならフォレスト株式会社へ  姫路市で不動産購入する方はフォレスト不動産へ 健康に特化した注文住宅『WBHOUSE』はこちら!



文責:橋本


お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ