お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ

姫路市の健康注文住宅-日本の家造り➀-

こんにちは!フォレスト株式会社エージェント橋本です。少しずつ気温も安定してきて日中は24度まで上がってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?姫路市の健康注文住宅はフォレスト株式会社!ということで、今日は温度差が少ないをテーマに投稿していきます(*^▽^*)


突然ですが、皆さんのお家は温度差はありますか?『古いからとにかく寒い』『暖房をつけても頭ばっかり暑くて足元は寒い』注文住宅を建ててもこの現象はおきやすいですね。今ではヒートショックで死亡する方も増えてきました。今の季節はまだいいですが、冬が心配です。


姫路市の健康注文住宅-風土-

フォレスト株式会社では、forest-styleと題し人に優しい家づくりをしております。使う工法はWB工法。WB工法は日本の風土を最大限生かした家づくりです。昔から高温多湿の日本では、家を長持ちさせるために湿気のこもらない『夏向きの家』を作ってきました。その良い部分をWBHOUSEでも活かしていますので、姫路市の健康注文住宅では夏向きでありながら、高気密高断熱を実現させている、今までなかった工法です。




姫路市の健康注文住宅-風土に対応できない家-

今までは上記にあげたとおり夏向きの家を造ってきましたが、30年ほど前から地球温暖化対策として高気密高断熱化が吸う見ました。それ以降、隙間をなくすために現代住宅にはビニールシートが良く使われるようになり、これがフォレスト株式会社でいうところのビニールハウス住宅です。確かに冬は暖かくなりましたが夏の湿気がたまるときは、家中にたまるという現象が起きるようになってしまいました。


姫路市の健康注文住宅-湿気対策の法律-

ビニールハウス住宅しか作れなくなったハウスメーカーや工務店が増え、ダニやカビは当たり前に生息する家になってしまいました。そのためにシックハウス症候群や化学物質過敏症が横行したのです。その措置として日本は『24時間換気の義務化』を法律で定めました。また空調の導入を大手ハウスメーカーも売りにし始めましたが、熱交換は計算のようにはならずに冷暖房の浪費につながってしまいます。




姫路市の健康注文住宅-換気の2次被害-

ビニールハウス住宅は換気が必須。そのため換気システムや熱交換システムをどこのハウスメーカーも活用しましたが、買った後はお客様の責任…。3~5年もするとダクト内が大変なほこりの温床になってしまい、2次被害がではじめています。それを吸い込むとどうなるでしょう…?想像しただけで鼻が痒くなります…。




さて、今日はいつもお話している内容を再度ひろいつつ、簡潔にお伝えしておりますが、皆さんなにを感じるでしょう?姫路市の健康注文住宅forest-styleでは、このような状況をつくらずに、子どもからお年寄りまで安心して暮らせる注文住宅を提供しています。どうやってその状況を創っていくのか?詳しくは、次回の投稿で!



姫路市飾西で宿泊体験型モデルハウスをご用意!ぜひご来場ください!※ご来場はHPからご予約下さい(*^▽^*)


姫路市 西部で不動産マイホーム購入するなら、フォレスト不動産へ!

文責:橋本