お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ

姫路市の健康注文住宅-結露と健康の関係-

みなさんこんにちは!

フォレスト株式会社 新入社員の山本佳苗です。今回は、『結露と健康の関係』についてご紹介させていただきます (^^♪

みなさんは、お家の結露について目を向けたことはありますか?最近は結露対策のため調湿シートなども売られていますよね。そもそも、なぜ窓が結露するのでしょうか。結露することによってお家の環境はどうような状態になるのでしょう。『結露と健康の関係』って何なのでしょうか。弊社が提案しております、健康注文住宅WBHOUSE-forest style-では結露はしません。

WBHOUSE-forest style-はなぜ結露しないのか

についてもお伝えします!(^^)



結露の仕組み

暖かく水分を多く含んだ空気は、ある温度まで冷やすと飽和水蒸気量を超え水になります。これが結露の仕組みです。つまり、部屋の湿度が高く外の気温が低いとき、空気に含まれた水分が冷えたガラス表面に水滴となって現れるのです。特に家の中で洗濯物を干したり、鍋をしたりすると窓が濡れていたりしませんか?室内の湿度が高く、水分が飽和状態になっているということですね。例えば、室温20℃、湿度60%の部屋は窓ガラスが12℃になると結露し始めます。冬場に結露しやすいのは、部屋の温度と湿度、そして外の温度が関係していたからなんですね。


結露が家に与える影響って?

では結露をすると何が悪いのか。別に水分が窓についているだけでは?と思いますよね。でも実は、その水分は壁や柱の隙間を通り、釘やネジが錆びる原因となるのです。特に現代の一般的な住宅はビニールクロスを用いて断熱をしています。断熱をして室温を保とう、とすることは私たちが快適に生活していく上で大事ですよね。しかし家をビニールでくるむ、というところに問題があるのです。ビニールは水分や湿気を通しません。そのため湿気が部屋にこもり、結露しやすい住環境となってしまいます。これによって、木材も腐らせてしまうのです。みなさん雨の日にカッパを着て自転車をこいだことはありますか?長い時間こいでいると、だんだんと汗をかいてきますよね。でもカッパを着ているから汗や熱がこもり目的地に着くころには汗だくで気持ちが悪くなってしまった・・・という経験が私にはあります (^▽^;) 他にも最近の赤ちゃんのおむつは吸水性・吸湿性が高く、赤ちゃんのおしりがかぶれないように蒸れにくい素材で作られています。もし赤ちゃんのおむつがみっちりとしたビニールで覆われていたら、ムレムレになってしまいますよね。これらと同じようにお家もビニールでくるんでしまうと、使われている木材が呼吸できずムレムレの状態になってしまうのです。この状態で生活していくと、健康にはどのような影響がみられるのでしょうか。せっかく注文住宅で建てるなら、健康に暮らしていけるお家にしたいですよね。



結露と健康の関係とは

先ほども申し上げたように、結露は木材を腐らせてしまいます。ビニールを使ったお家は呼吸ができないためです。家が呼吸できない状態と人の健康にはどのような関係があるのでしょうか。まず、湿度が高いとカビが生えやすくなりますよね。みなさんお風呂場はよく換気されているのではないでしょうか。この現象が壁の奥でも起こっているのです。つまり、家がムレムレになると、カビが生えやすくなる。そしてそのカビが生えた家の中で私たちは暮らしている・・・というわけですね。恐ろしい。カビはダニを寄せ付け喘息やアレルギーなどの原因となりますし、他にもシックハウス症候群や化学物質過敏症を引き起こしてしまう可能性があります。こうして考えると、結露と健康は密接に関係しているといえるのではないでしょうか。ビニールに覆われたお家って、実はとても健康被害が起こりやすく危険なのです。快適に暮らすために屋根のある家に住んでいるのに、健康を害していたら元も子もないですよね (;_;)


なぜWBHOUSE-forest style-は結露しないのか

弊社が提案しております健康注文住宅、WBHOUSE-forest style-が結露しないのはなぜか。それはビニールを一切使用していないからです。「え、でも普通断熱するためにビニール使うよね?最近の家て高気密・高断熱が特徴なんでしょ?」とお思いのみなさん。お家の健康にとって重要なのは、高気密・高断熱ではなく透湿・透過性なのです。また、ビニールを使わなくてもちゃんと冬でも暖かいんです (*^^*) WBHOUSE-forest style-では、コットンクロスや石膏ボードを用いることで、透湿性が高くなっております。コットンや石膏には目に見えないほどの小さな穴(微細孔)があいていて、部屋の水分が吸収されていきます。こうして湿度が高くなりすぎないように壁が勝手に調整してくれているのです。この自然の仕組みによって、洗濯物を部屋干ししても鍋をしても部屋がカラッとしているわけです。結露の原因は部屋の湿度と外の温度でしたよね。健康注文住宅WBHOUSE-forest style-はそもそも部屋の湿度が高くならないため、結露しない、ということです。


**なぜビニールを使っていないのに冬でも暖かいのか?その仕組みは?**

**なぜWBHOUSE-forest style-では健康で居られるのか?**

少しでも気になった方はぜひこちらを覗いてみてくださいね。


ここまでご一読いただき有難うございました (^^♪

他にもみなさんに健康に生活していただけるよう、色んな記事を書いていますのでお時間がありましたらぜひ読んでみてくださいね ( *ˊᵕˋ )

姫路市で高性能な健康注文住宅を建てたい方はぜひフォレスト株式会社にお問い合わせください。また、不動産からやり方がわからない、どう進めていったらよいかわからない方、

姫路西部で不動産購入から始める、フォレスト不動産をご利用下さいね(^^)

お待ちしております。


文責:山本