家の寿命について


こんにちは!フォレスト株式会社の田村です。


今回はおうちの寿命についてお話させていただきたいと思います!


上の画を見ていただくとわかる通り、日本の家は家の寿命がとても短いです。

その理由はビニールクロスが原因です。


昔は土壁で通気性の良い、夏は涼しいけど、冬は寒い造りでした。

ですが、現在の家の作りはビニールクロスを貼ることで風や熱を逃がさない、

高気密高断熱の造りとなっています。


ですが、ビニールクロスを貼ってしまうと、風や湿気を逃がさないので壁内結露を起こしてしまうんです!


私たちがみえない部分で木が、お家がどんどん劣化してしまっているんですね…


せっかくお家を購入したのであれば長続きするほうが良いですよね。


そんな造りの家なんてあるの?と思うかもしれませんが、

弊社のWB工法はダブルブレス、『通気性と透湿性』の2つの呼吸によってお家の劣化を抑えることができるんです!


ビニールクロスを貼ってしまうのではなく、WB工法を使って夏は涼しく、冬は暖かい家づくりを行っております。


壁内結露も起こりづらくなり、季節に応じて過ごしやすい家に変わる。

そんなお家に興味はありませんか?


もし興味のある方はフォレスト株式会社までご連絡ください!


Instagramでは、過去の施工事例や現在販売中の新築建売物件も載っておりますので

ぜひご覧ください!

https://www.instagram.com/forest_ie/


それでは!最後までお読みいただきありがとうございました!


🔻リンク先


家族を守り、3世代住み継げる家

フォレスト不動産姫路西部情報♪

フォレスト毎日コラムはこちら!


文責:田村