家 アレルギー と関係するのかどうか?

こんにちは!フォレスト株式会社橋本です。

本日は家とアレルギーの関係性についてお話していきたいと思いますが、最近暑くなりましたね!これから梅雨になり、部屋干しの機会が増えると、家の中の空気環境がものすごく変動します。私は元からアレルギーや鼻炎もちなので、そこまで分からないですが、梅雨の季節だけ家にいるのがしんどくなったりアレルギー反応がでる方もいらっしゃいます。なぜそんなことになるのでしょうか?



気密性のとれた家が沢山ではじめ、快適になりました。その反面、家で過ごしている人たちがアレルギーやアトピーを発症する方が出てきています。なぜ家の中でアレルギーを引き起こすのでしょう?



⑴化学物質が排出されていない

家の中には化学物質があります。家具や建具からもでてきて、アレルギーを発症をすることがあります。化学物質のアレルギーを化学物質過敏症と言いますが、そのほか鼻炎になったりアトピーになったり、アレルギ―に関する症状が出る可能性も…気密が取れている分、しっかり排出しないと家の中にいてもアレルギーになってしまいます。シックハウス症候群とも呼ばれています。




⑵24時間換気口のホコリ詰まり

気密性もとれる分、24時間換気の設置が義務付けになっている昨今。24時間換気を設置したまでは良いものの、そこを掃除していないとすぐに汚れが溜まります。汚れが溜まると化学物質もアレルゲンもすべて家に残したまま。あるいは換気口からホコリが返ってきてしまう恐れもあります。ビニールクロスのお家は24時間換気は必須。便利と安価をとった分、気を付けて頂きたい問題です。




体にそれらをため込む習性が…

人間は、なんと化学物質を溜めこむ習性があります。特に女性や子どもに注意して頂きたいのですが、脂肪に溜まりやすいと言われています。こどもは大人の空気を吸う量の約6倍。しかも家の低い位置にホコリやアレルゲンに滞在するのでこどもにとっては危険。それだけ空気環境が大切ということです。


それらを防ぐには、掃除!換気!空気環境コントロール!家を買ってしまった方はなおさら、これから家を買う方はそれも全部解決してくれるWBHOUSEをお勧めします。と言っても百聞は一見に如かずなのでぜひ姫路市のWBHOUSEをご体感くださいね(*^▽^*)







姫路市で不動産を買いたい方はコチラ!


文責:橋本







お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ