日当たりが良い土地は本当に買いなのか?

こんばんは!フォレスト株式会社橋本です。2月に入りましたね!スタッフと話していましたが、日が出るのも早くなり日が落ちるのも遅くなりました。もう春ですね…という冗談はさておき、今回は住宅に取り入れる『太陽の取り入れ方』についてお話します。



日当たりが最善ではない?


皆さん、住宅を建てたいと思ったら土地を見つけないといけないですよね!日当たりの良い土地はどこか、探す方も多いかもしれません。しかし日当たりが良いという理由で選ぶのは少し待った方がよいかもしれません・・・!




イメージはこんな感じでしょうか?


日当たりが良い=道路が南面に面している土地を想像する方も多いのではないでしょうか?確かに日当たりばっちりですね!道路が南側に面している土地って、通常の相場よりも100~200万円平気で価格が上昇します。それも日当たりが良いからOKという理由で人気がありますね。ただし、皆さん街の中を見て頂けますか??





皆さんがおっしゃる『日当たりの良い土地』に建てているお家、基本的にカーテンかシャッターで塞がれていますよね。実際に日当たりは良いのですが、その分外からの目線を切る術がなく閉めざるを得ない状況になっています…。またそういった土地に建てたお家は大きな窓を付けますよね。そこから夏は直射日光がさんさんと入り家全体が熱に覆われてしまったり、冬は断熱が壁よりも薄い分寒かったり結露が起こりやすくなります。





さあ、日当たりがよいという理由でその土地を決めるのは、

一生の住まいを建てる上で正しい選択なのでしょうか…?



土地の形を活かした設計を


先程の日当たり同様、街中には同じような並びに同じようなお家が同じような向きで建築されているのを多く見かけます。そのままの土地の形を使って同じようなお家を建築したら、確かに『日当たりの良い家』『日当たりの悪い家』が出てきますよね。


だからこそ、土地の形を活かした設計を行っていきましょう。具体的にいうと、太陽光をどう取り入れるかも、お家の設計次第でどうにでもなるということです。もちろん、日当たりが良いとされるお家でも、ちょうど良い設計をすることもできます。となると、同じ向きに同じ家が並んでいる設計では難しい…。ポイントは方角に正直な設計です。



多くの皆さん、ハウスメーカーさんも含めて、土地の形の上に綺麗に住宅の形を置こうとします。たしかに綺麗かもしれませんが、それは方角に正直な設計ではありません。外見だけ皆と同じようにそろえたけど中身はいまいち…みたいな感じでしょうか?


住宅は見たくれを自慢するものでも、力とアピールするものでも、また我慢する場所でも本来ありません。住宅は家族が明るく幸せに、そして健康に住み続けられる場所のはず。その根本的なところをしっかり抑えると、住宅の選び方も変わってきますね(*^▽^*)




フォレストは、他の工務店さんやハウスメーカーさんとは違った角度から、このように家造りのご提案をしています。もし何か響くものがありましたら、まず一度フォレスト株式会社にご来店下さい(*^▽^*)きっと住宅を作る概念と目的が明確になります。


ご来店予約、また宿泊体験型モデルハウスの見学は、0120-692-270で『ブログを見た』とお申し付けくださいね♪皆様のご相談ご来店、心よりお待ちしております♡




〇リンク先〇

家族を守り、3世代住み継げる家

姫路市の不動産マイホーム購入

姫路市の不動産売却不動産査定


文責:橋本

お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ