お気軽にご連絡ください!

電話番号.png

©フォレスト株式会社All Rights Reserved.

​姫路市で高性能なデザイン住宅を建築家と建てるならフォレスト株式会社へ

24時間換気が不要な姫路デザイン住宅

姫路市で高性能なデザイン住宅を建てるならフォレスト株式会社へ



こんにちは!

フォレスト株式会社橋本聖子です。

今、デザイン住宅は話題を集めているようですね^^

フォレスト株式会社の手掛ける高性能なデザイン住宅の根本は、WBHOUSEの工法を使った『forest-style』であるということ。デザイン性の高さだけではく、高性能なデザインをはめ込んでいくことで、人間の健康にもつながる家を建てています。今日は住宅と密接な関係を持つ『空気』についてピックアップします!




みなさん、今住宅を建てるなら24時間換気が必須ということをご存知でしょうか?平成のあたま、シックハウス症候群が急増し、大きな問題になりました。その時に、原因は高気密高断熱住宅によって化学物質が逃げ場をなくし室内の空気に溶け込んで、それを大量に摂取したからでした。高気密高断熱住宅を成立するためには、24時間換気は必須になったのです。※24時間換気とは、1時間に室内の半分以上の空気を入れ替えるということ。


室内空気の重要性

人間は、常に呼吸をしています。実は、人間が生涯摂取する物質の重量を比べると、約80%は空気なんです。食べ物や飲み物は比でもありません。また、その中でも役60%は室内の空気でした。食べ物や飲み物ぐらい重要視すべきなものであることがご理解いただけると思います。特に気を付けて頂きたいのは、幼児や子供、女性です。


空気と湿度の関係

人間一人につき、約1.5ℓの水分が排出されています。人がいると温度と湿度が上がります。湿度70%以上、気温25度以上でカビ・ダニは大繁殖すると言われているので、これに該当する室内にいることで、その汚染された空気を吸い込み、アレルギーや喘息を引き起こしてしまいます。


WBHOUSEに24時間換気は必要ない


姫路市のフォレスト株式会社が手掛けるデザイン住宅では、24時間換気は設置義務こそ守っているものの、換気しなくても空気は保たれます。それはWBHOUSEの工法を取り入れているから。住宅が2つの呼吸をするデザインになっており、そのデザインによって化学物質も湿度も一緒に逃がす働きを持っています。もちろん、エアコンや空気清浄機の活動でさらに良い空気環境を作ることができます。


使わないと意味ない

みなさん、24時間換気があっても、24時間稼働させないと意味がありません。特に冬場も、化学物質や湿度をちゃんと逃がさないと、アレルゲンが大繁殖します。今換気が義務化された住宅に住む方は、必ず稼働させてください…



今回は室内空気と換気について触れましたが、姫路市のフォレスト株式会社が手掛けるデザイン住宅では、必要ありません。なぜなら住宅本来の力と木材の活きた力できれいな空気を保てる住宅しか建てないからです。せっかく住宅を建てるなら、安心して深呼吸のできるデザイン住宅に住みませんか?


姫路市で高性能なデザイン住宅を建てるなら、フォレスト株式会社にご相談ください♪

デザイン住宅の宿泊体験型モデルハウスもご予約お待ちしています♪

フォレスト株式会社の建てた施工事例はこちら!




文責:橋本